2019年のホットなJpop女の子グループ3選!!

常に時代の先端を行く日本のJPOPの様々グループ。
熾烈な人気争いの中2019年に注目されているホットな女性グループを紹介していき
たいと思います。
①ZOC
2019年ブレイク必至のアイドルユニットZOC(ゾック)です。
グループとしての公式音源は未発売ながらZOCは非常に注目を受けています。
その理由は、実はZOCの首謀者は超が付くほどのアイドルヲタで知られる超大物歌手 大
森靖子!
大森靖子は自らを”共犯者”と名乗り2018年に突如グループを始動しました。
またZOCの他のメンバーは「GIRL’S GIRL」のMVに登場したミスiD受賞者の中から個性派
を厳選しています。
刑務所帰り、バリバリのヤンキー、プロ詐欺自撮り士、ジャニヲタ、アニヲタ. など
など。
彼女たちのプロフィールにはおよそアイドルとはかけ離れた世界観が感じられます。

真のカワイイとは何か?をアイドルという形で表現している彼女たち。
2019年の女性アイドルの台風の目となる事は確かなので是非チェックしてみてくだ
さい。
②BiSH(ビッシュ)
楽器を持たないパンクバンドとしての個性を持って2015年に結成されました。
BiSHは、「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略。ファンのことを「清掃員
」(クソを掃除する者)と呼ぶ。これは前身のBiSが、ファンのことを「研究員」と呼
んでいたことをもとにしています。
初期の活動では、TOKYO IDOL FESTIVAL 2015のキャンセルや、200km駅伝など、プロモ
ーション手法一癖あり炎上させて注目を受け人々に知ってもらうという独特な手法を行
っていましたが、しかし、渡辺は始めたときのクソインディーズの素人のときは、嫌わ
れないと客が増えなかったんですけど、いまは嫌われると逆に客が減る状況になっちゃ
った」と語るように、BiS時代のような過激なプロモーション方法はあまり使わなくな
ってきている。
メジャーデビューに伴い、「新生クソアイドル」の肩書きを外し新たに「楽器を持たな
いパンクバンド」の肩書きで活動している。代表曲「オーケストラ」「プロミスザスタ

ー」などのメロディアスなロックバラード楽曲から、「My Landscape」「stereo future」な
どストリングスを導入した壮大な楽曲、「NON TiE-UP」「遂に死」などの過激な楽曲まで
幅広い音楽性が特徴です。
破天荒なこのグループも要チェックです!!

③乃木坂46
2011年8月21日に誕生した女性アイドルグループです。AKB48の姉妹グループ的存在で
したが現在ではAKB48を凌ぐグループに成長し今後も注目を外せないグループです。
グループ名に用いられている「乃木坂」は、乃木坂46のプロデュース会社のソニー・
ミュージックエンタテインメントが当時所有していた港区赤坂の「乃木坂ビル」を由来
とし同ビルは乃木坂46結成メンバーの最終オーディション会場として使用された。た
だし、乃木坂46のマネジメント会社である乃木坂46合同会社の登記上の本店は、SME
本社が入居する「SME六番町ビル」に所在する。当初、ソニー側は「六番町」というグ
ループ名を提案していたが、秋元康が「乃木坂」を提案、議論の結果「乃木坂」に決定

した。乃木坂46の「46」という数字は、「公式ライバル」と位置付けるAKB48より人数
が少なくても負けないという意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した

絶対的アイドルである乃木坂46の2019年の活動にも目が離せません。

今回は2019年注目の女性グループを3組紹介させて頂きました。

ライブカジノハウスでプレイ

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *